2019年03月14日

書籍: 最高の結果を出すKPIマネジメント


 
リクルート流のKPIマネジメントを解説した一冊。
 
著者はKPIマネジメントを現業部門で実践するとともに、
そのノウハウをグループ内に広げる活動も行っている。
本書はその講義資料を元に作られていたものである。
 
本書はKPIに関するありがちな誤解を解くところから始まり、
KPIマネジメントの構築手順・運用方法・注意点を紹介した後、
ケース別でマネジメント例を紹介している。
 
KPIを上手く設定できると、業績に良い効果が現れるだけでなく、
メンバーを強くモチベートできるものであると述べている。
 
--- ポイント ---
 
・KPIマネジメントに登場する概念
 ・現在の事業にとっての最重要プロセス (CSF: Critical Success Factor)
 ・それをどの程度実行すると (KPI: Key Performance Indicator)
 ・事業計画が達成できるのか (KGI: Key Goal Indicatior)
 
・KPIの誤解
 ・売上や利益はKPIにならない
 ・売上や利益はKGI(最終的な数値目標)であり、それは結果指標・遅行指標である。
 ・KPIはPerformanceを測定する指標であり、プロセス指標・先行指標である。
 ・KPIは複数の指標の中からKeyとなる1つを抽出したものである
 ・複数の指標を見るのはPIマネジメントであって、KPIマネジメントではない
 
・KPIは信号
 青ならそのまま、黄色なら注意、赤なら止まる、信号は一つでないと事故が起こる。
 交差点に入るずっと前から見えるようにしておく(リアルタイム確認・先行指標)
 信号が複数あると、各人が勝手にどれかだけを選び、それに従うようになってしまう。
 (そうなると、後で何が悪かったのかの振り返りも出来ない)
 信号ルールを破らない範囲で、早く到着してねとして、社員に自由度を与える。
 そして渋滞情報を企業から伝える (組織は目標達成のためのサポートを行う)
 信号ルールは守りつつも、信号から信号の間で急加速する輩も出てくる(燃費が悪化)
 このため、目安時間内 ± α で到着してねとする (率はKPIではなく拘束条件として使う)
 各人が交通状態を加味して走行するようになり、定時到着かつ低燃費となる。
 
・KPIマネジメントで起こりがちな問題
 売上達成のためにコスト度外視でやってしまう問題
 制約率が下がらないように営業を控えてしまう問題
 売上が先か、効率化が先か問題
 
・紹介されている事例
 事例@ 特定の営業活動を強化することで業績向上を目指す
 事例A エリアにフォーカスすることで業績を拡大する
 事例B 商品特性から特定ユーザ数をKPIに設定する
 事例C 時代の変化を先取りして特定の商品にシフトする
 事例D 従量課金モデルでは歩留まり向上から始める
 事例E 採用活動におけるKPIの考え方
 事例F 社外広報は目的を明確にしてKPIを設定する
 事例G 社内スタッフ部門は従業員満足度をKPIにするのが基本
 事例H 集客担当には集客単価を決めて自由に動いてもらう
 事例I 仕事ができるようになるためのKPI
 事例J 人生100年時代を健康に過ごすためのKPI
 
--- 所感 ---
 
私自身が IoT SaaS の事業立ち上げでKPI設定に悩んだ経験があるため、
本書の内容に強く共感を覚え、また「これを早く読んでいれば、、、」という感想を持った。
私が当時KPIマネジメントに感じていたモヤモヤ感は、以下に起因していたようである。
 
 ・SaaS では ChurnRate を見ることが多いが、それは遅行指標である。
 ・Time to Value などの指標もあるが、KGIとその関連性は明確にしておく必要がある。
 ・KGIの分解、プロセスの分解、CSF絞込みのプロセスが甘かった。
 
さらに、KPIマネジメントとコンサル思考・サービスマネジメントとの親和性も興味深かった。
 
 ・コンサル思考「課題の見極め(KGI)→分解→優先順位付け(CSF)→仮説(KPI仮説)」
 ・サービスマネジメント「定量化し、現場に裁量を与え、本部から情報や標準化のサポート」
 ・サービスマネジメント「定量化すれば判断できる。定量化すれば改善できる」
 
posted by Takashi Inoue at 00:00| Comment(0) | 書籍

2019年03月01日

書籍: コンサル頭で仕事は定時で片付けなさい


 
MBA近代経済史の講師による一冊。
巨大な知性と穏やかさを感じる講師であったため興味を持ち購入。
 
本書では少ない時間で高い成果を上げるための方法として、コンサルタント思考の4ステップ「課題を見極め、分解し、優先順位をつけ、仮説を立てる」を提唱し、その手法詳細、ケーススタディ(状況別の適用例)、トレーニング方法を解説している。
 
著者はウォートンMBAからマッキンゼーという驚異的なレベルの人物だが、それでもコンサルタントを経験するまでは週100時間労働でプライベートなしという生活を改善できなかったと述べている。本書はその状態からの試行錯誤の結果がまとめられたものである。
 
極めて平易な文体で書かれており、ケーススタディも一般的な会社で起こりがちな問題ばかりのため、すぐに実務に適用できそうだと感じた。
 
仕事で苦しくなって来た時は、すぐにこの本を読み返したい。
 
 
− 以下、書籍からの要約抜粋 −
 
・定時に帰れないのは、決して仕事量だけが問題ではない
 
・アウトプットの質・量を高めるために、インプット(時間)を増やすばかりになっていないか。
 インプットを増やすことなくアウトプットを高めるには、仕事のやり方を変えるしかない。
 そしてもしそれができれば、アウトプットのレベルは無限に上げてゆける。
 
・コンサル思考は自然には身につかない
 成果を追求するには、人間の直感に抗う必要がある(コンサル脳に切り替える必要がある)
 人間の直感は、目に付いたものを優先し、重要でなさそうなものを無意識のうちに省き、
 手のつけやすいものから手をつけてしまう。
 意識的にコンサル脳に切り替えて、思考の4ステップを使ってゆこう。
 
・仕事が楽しくなる
 思考の4ステップによって高い成果を効率的に生み出せるようになると、仕事が楽しくなる。
 何をすべきか分からないという不安も無くなり、主体性が高まってゆく。
 
・少しづつトレーニングしよう
 コンサル脳は今日からすぐに使えるというものではない。
 著者自身も週100時間労働が90時間になり、80時間になり、やがて定時帰りを達成したが、
 そこまでは長い試行錯誤の時間が必要だった。毎日少しずつ練習してゆこう。
 
・徹底的にトレーニングしよう
 上位マネジメントになるほど正確で素早い意思決定が必要。
 思考の4ステップを徹底的にトレーニングしておく必要がある。
 
・残業をなくすことができれば、人生は二毛作も三毛作もできる。
 
・ケーススタディ
 01: やることが多すぎる
 02: 多部署と一緒に仕事をしている
 03: 自分の知識の範囲を超えている
 04: チームメンバーの力を生かせない
 05: 上司が頼りにならない
 06: 意見がまとまらない
 07: 会議ばかりで自分の仕事ができない
 08: 会議をリードできない
 09: いいアイディアが浮かばない
 10: 予定が後ろにズレ込んだ
 11: 最後の取りまとめを任された
 12: 上司が毎日のように飲みに誘ってくる
 13: アシスタントとの業務連携がうまく回らない
 14: 目の前の仕事に追われて
 15: 早く帰ると家族の機嫌が悪い
 16: 下請けなので自由度が低い
 17: 出張が多い
 18: 上司がずっと残っている
 
著者プロフィール:
https://mba.globis.ac.jp/curriculum/detail/bti/teacher/shibanuma_shunichi.html
 
posted by Takashi Inoue at 00:00| Comment(0) | 書籍

2019年02月25日

転職活動の記録

JobChange.jpg

2019/04/01から新しい職場で働くことが決まりました。
どなたかの参考になるかもしれないので、転職活動の記録を残しておきます。


■基本方針
・BizReach、LinkedIn、Wantedlyを利用 (自己紹介文は同一)
・前半期間 (2018/10/22〜2019/01/15) は紹介される求人情報を眺めるのみ
・後半期間 (2019/01/15〜2019/02/22) は積極的に面談・選考を受けた
 
  ※ BizReach、LinkedIn、Wantedlyとも課金なし。
    ただしBizReachについては自己紹介文を更新したり、スカウトを受けたり、
    応募したりすると、有料プランを30日程度利用できるクーポンが支給されるため、
    転職活動の 4カ月間ずっと無課金で有料プランを使うことが出来た。

  ※ 唯一の課金は Vorkers (月額 1000円程度)
    気になった企業の内情を知るために利用。

  ※ LinkedInは「転職関心スイッチ」をONにした
 
 
■各サービスから受け取ったメッセージ数
Message.png
 
  ※ お声掛け頂いた企業は、スタートアップから上場企業まで様々
  ※ LinkedInは英語で自己紹介を書くと、企業からお声が掛かりやすいとの噂
  ※ LinkedIn経由のエージェントの方々は、外資系など興味深いご紹介が多かった印象
 
 
■自己紹介文の更新をこまめに行う
BizGraph.png

  ※ プロフィールを更新すると「最近更新されたユーザ」として
    検索上位に表示されるらしく、その後しばらくの間
    プロフィール閲覧数とスカウトメッセージが増加する。
    (BizReach, LinkedIn, Wantedlyとも共通の現象)
   「てにをは」レベルの修正だけでも有効。

  ※ 求人情報を見たり、面談で質疑応答してゆくうちに
    自己紹介に何を書くべきか分かってくるので、
    ちょこちょこ更新してゆくスタイルがオススメ。
 
 
■気になる求人はVorkersで内情も確認
Vorkers.png

  ※ 良い企業はレーダーチャートが大きい
  ※ 良い企業は退職者であっても好意的なコメントが多い


■転職エージェントの方から頂いた情報への返信
・前半期間
「求人情報のご案内ありがとうございます。現時点ではまだ方向性を決められていないので保留とさせてください。2018年末までは求人情報を見ながら方向性決め、2019年からは本格的に転職活動を開始する予定です」

・後半期間
「求人情報のご案内ありがとうございます。現時点では[1][2][3]の基準で探しておりまして、頂いた情報は[1][2]は満たしているものの、[3]を満たしていないため見送りとさせてください」

  ※ 現時点の基準を伝えることで、紹介頂く求人情報の精度が上がってゆく


■自分でも探す
・BizReachのスマホアプリが使いやすい
 職種や業種を検索条件に入れると絞り込まれ過ぎるので、
 「絞り込み条件: 年収○○万以上」 AND 「キーワード: 数学」などで調べると良い感じ。


■面談に向けて
通常の履歴書・職務経歴書の他に、職務経歴書(ビジュアル版)を作成しておくと
説明もしやすく、相手方も興味を持って聞いてくれた。
どの企業でもほぼ必ず「自己紹介をお願いできますか」から始まる。

職務経歴書(ビジュアル版)のイメージ
Prof.png
  ※ 絵は守秘義務や著作権等に触れないようにイメージ図などを作って載せる
 
 
■転職エージェントについて
特に印象的だったのは以下の二社
 
 en world Japan
  外資系を含め、興味深い求人情報を多数ご紹介頂いた。
  また、企業を知るためのコンテンツや過去に断られた応募者の理由など
  細かな情報提供やフォローがあったため、対象企業について深い理解が出来た。
 
 JAC Recruitment
  広範囲に渡って、ものすごい量の求人情報を紹介して下さった。
  意外な方向への転職可能性に気付くことができた。
 
タグ:転職
posted by Takashi Inoue at 22:14| Comment(0) | メモ

機械学習におけるAUCの考え方

ROC.png

機械学習におけるAUC(Area Under the Curve)の考え方を、簡単な例で解説
Excelをダウンロード
 
参考『機械学習の評価指標 – ROC曲線とAUC』Tech Blog by GMO
http://u0u1.net/QdOq
タグ:機械学習
posted by Takashi Inoue at 14:18| Comment(0) | メモ

2019年02月20日

[Excel][VBA] 指定範囲を画像ファイルとして出力する

RangeToImage.png
 
Excel内の指定範囲を画像ファイルとして出力する
https://github.com/itak0101/Excel-VBA-Tips/blob/master/ExportRange.vba
 
Excel内のグラフを画像ファイルとして出力する
https://github.com/itak0101/Excel-VBA-Tips/blob/master/ExportGraph.vba
 
タグ:Excel マクロ
posted by Takashi Inoue at 12:10| Comment(0) | メモ