2019年07月13日

G検定の受験レポート (2019年7月)

G検定: JDLA Deep Learning for GENERAL に合格しました (2019年7月)
公式ページ: https://www.jdla.org/business/certificate/
 
G検定は社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA)が主催する試験です。
G検定は現在のところ民間資格に近く、情報処理技術者試験のような経産省認定や、
統計検定のような学会認定は受けていないようです。
 
JDLAは人工知能業界の著名人である東京大学の松尾教授を理事長として、
研究機関(大学など)と企業(ABEJA社,Brainpad社など)が協力して運営している組織です。
 
 
■試験概要
 
・出題範囲
 機械学習の歴史、各種アルゴリズムとその特徴、時事問題などが問われます。
 G検定はジェネラリスト向けの試験のため、数学的な話は少なく、
 プログラミング方法などについてもほとんど出題されません。
 (エンジニア向けにはE検定という別試験があります)

・出題レベル 
 高校三年生程度の数学力があれば十分合格可能です。
 
・試験形式
 Web試験であり、試験中のノート参照や Google検索もOKです。
 後述する公式参考書にも「試験中にWeb検索しましょう」と書いてあります。
 (しかし1問30秒ペースで答えてゆく試験なので、ある程度は暗記しないと間に合いません)
 
 
■教材
・公式テキスト / 公式問題集 / 公式参考書 
 
 
・模擬テスト (運営会社とJDLAの関係性は不明)
 http://study-ai.com/generalist/
  
 
■勉強の仕方
・公式テキストを2週読み、公式問題集を2週解きました。
・AI白書も購入したものの、膨大な量で読む時間がありませんでした。
・模擬テストは受けませんでした。

※Kindle版の落とし穴
 試験中にノート参照・Web検索が可能なため、
 それを見越してテキスト等の書籍はKindle版を購入しました。
 しかしKindle内の検索速度が遅く、検索ヒット率も悪いため、
 結局テキストファイルでまとめノートを作成することにしました。
 
 
■試験当日

・受験環境
 PCを2台用意し、1台を回答用、もう1台を検索用としました。
 検索用PCには、自分でまとめたノートと Webブラウザ(検索用)を表示。
 
・出題内容
 公式テキストと公式問題集で、5割以上は得点できる内容でした。
 その他は時事問題や法律問題が多く、事前に学習しておくことが難しい内容でした。
 試験中に Web検索してページ内容を瞬時に把握して回答、という作業が多く発生し、
 時間との戦いになりました。
 
 
■所感
 
・おすすめです
 公式テキストが読み物として面白く、公式問題集も解きやすくて楽しい試験でした。
 試験当日は時間との戦いが大変なものの、試験中に検索して学んだことも多く、
 得るものの多い試験だったように感じています。
 
・合格者イベントも楽しみ
 G検定合格者が集まる会が定期的に開催されているようです。
 参加することで最新事例を知ることができそうです。

・統計検定との相性も良い
 統計検定の方が数学寄りなので、統計検定→G検定の流れなら
 スムーズに学習できると思います。
 
 
posted by Takashi Inoue at 23:13| Comment(0) | 資格試験

2016年07月18日

Salesforce 認定Platformアプリケーションビルダー 受験レポート

salesforce.jpg
CRM(Customer Relationship Management)システムの最大手SalesForce
その認定試験を受けて来ました。

■試験概要
・Salessforceには豊富なカスタマイズ機能が用意されているので、
 プログラミング系の知識 (Apex, Visualforce, SOQLなど) が無くても、
 マウス操作と設定値入力(Point & Click)で、かなりのものが作れてしまいます。

・Salesforce認定Platformアプリケーションビルダー試験は、
 上記のようなプログラミングを用いないレベルでの開発知識を認定するものです。

■試験詳細
・以下に試験詳細が記載されています
 http://www.salesforce.com/jp/services-training/education-services/cert/dev/

■試験対策
・Salesforce社が開催している学習講座に参加するのが正攻法です
 http://www.salesforce.com/jp/services-training/education-services/cert/dev/
 ※上記ページの「推奨コース」部分を参照してください

・TrailHead と 試験対策サイトによる自習も可能です
 https://developer.salesforce.com/trailhead/ja
 http://focusonforce.com/courses/salesforce-certified-app-builder-exams/

・より詳しく学習したい場合は、開発者ワークブックが有効です
 https://developer.salesforce.com/page/JP:Forcedotcomworkbook

■試験について
・試験センターのPCで受験します。
・試験時間は90分間、複数選択式のマークシートで60問です。
・2回受験しましたが、同じ問題は10%程度でした。(全500問程度から60問が抽出されている?)
・試験終了時に合格/不合格のみが表示される形式のため、どの問題が間違っているかは分かりません

(2016年7月 合格)
 
posted by Takashi Inoue at 23:39| Comment(0) | 資格試験

2015年12月01日

統計調査士、専門統計調査士の受験レポート(2015)

統計調査士、専門統計調査士を受験してきました。

統計調査士、専門統計調査士は日本統計学会の認定試験です。
調査"士"という名前は付いていますが、弁護士や司法書士の様な業務独占資格ではありません。
しかし近年のビッグデータ、IoTなどの流れもあり、受験者は増加しているようです。
(公式ページ: http://www.toukei-kentei.jp/ )


■受験のキッカケ

MBAの定量分析の授業で、以下の本が紹介されて
調査業務に興味を持ったのがキッカケです。



■試験内容

・統計調査士
 統計法、公的統計に関する知識(国勢統計、労働力調査など)
 公的統計の調査票の作り方、実際にデータを取る時の留意事項
 簡単なデータの読み取り
 
・専門統計調査士
 民間統計に関する知識、
 民間調査における調査票の作り方、データを取る時の留意事項
 ちょっと高度なデータの読み取り(重回帰分析、主成分分析など)

・統計調査士と統計検定の違い
 統計検定1級〜4級は「データを元に計算する」、
 統計調査士は「データの取りかた + 統計データの読み方」
 という解釈で良さそうです。
 
・難易度
 統計調査士は、理系であれば高校生でもイケるレベルだと思います。
 専門統計調査士は、大学1〜2年生くらいにならないと厳しそうです。
 (高校レベルの数学が理解できていれば大丈夫ですが、
 しっかり身につくのは大学受験以降だと思うので)


■教材

・教科書は存在しない (過去問 + 解説の書籍のみ)
 

・立教大学が試験対策コンテンツを提供している。
 https://csi.rikkyo.ac.jp/statistics_certificate/Home.aspx#toukei06
 
・僕は以下の書籍で学習した (立教大学のコンテンツを知らなかった)
 


■勉強の仕方

・統計調査士
 - 過去問の内容を押さえれば、合格点は取れる。
 - 公的統計は100種類以上あるので暗記するのは無謀。
  出題頻度の高い項目だけ押さえるようにする。
 - 調査系統に関する問題は捨てた方が良い。
  例: 省庁から都道府県を通して実施される調査はどれか
  これらは一貫したルールが無いので暗記するしかない。
 - 層化二段抽出法や、アンケート作成時の注意点などは以下に詳しい。
  

・専門統計調査士
 - 過去問の内容を押さえても、合格点までは行かないかも。
  2011〜2012年までは、統計調査士のちょっと難しい版という感じ。
  2013年からは、重回帰分析や主成分分析などが出題されるようになった。
  毎年新しいトピックが出題されている。
 - 問1は毎年時間を食う問題が出ているので、後回しにした方が良い。
 - 2014年までに出題された内容は、以下の本でカバーできた。
  


■感想

「受験してよかった!」というのが素直な感想です。
この試験のおかげで、独学にありがちな習得レベル
「理解できたけど暗記はしていない。必要な時にまた読み返そう」
を超えて、暗記してすぐに出せるレベルまで習得できました。

現在まだ試験結果は出ていませんが、もし不合格だったとしても、
相性が良い問題が出題されるまで毎年受験するのも良いかなと思ってます。
1年に1度、統計を振り返る機会があるっていうのも悪くないかな。
 
以上、今後受験される方に、ちょっとでも参考になりましたら幸いです。
 

※ 2015/12/22追記
統計調査士、専門統計調査士とも合格していました! 嬉しい!!
 
※ 2016/06/02追記
上位互換ページを作ってくださった方を発見!合わせてご参考にどうぞ。
http://liar.blog.jp/tag/%E7%B5%B1%E8%A8%88%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E5%A3%AB
 
posted by Takashi Inoue at 02:22| Comment(0) | 資格試験

2015年10月10日

社会調査・統計調査まわりの資格 2

■アクチュアリー (公式ページ, Wikipedia)

actuaries_logo.gif

アクチュアリーとは、ビジネスにおける将来のリスクや不確実性の分析・評価等を行う専門職。
伝統的には「生命保険」「損害保険」「年金」が三本柱であったが、
近年では金融や製造にも広がっている。

アクチュアリー認定試験は、筆記試験および合格後研修で構成される。誰でも受験可能。
公益社団法人 日本アクチュアリー会(金融庁 指定法人) による認定資格
保険業界・年金業界を母体とする組織とみられる。
タグ:資格 調査 統計
posted by Takashi Inoue at 12:00| Comment(0) | 資格試験

2015年10月06日

社会調査・統計調査まわりの資格

■社会調査士、専門社会調査士 (公式ページ, Wikipedia)

試験なし。大学で所定の単位を取得すると認定される。
一般社団法人 社会調査協会 による認定資格。
日本社会学会など、社会学の周辺団体が母体とみられる。

SocialResearchAssociation.jpg


■統計調査士、専門統計調査士 (公式ページ, Wikipedia)

筆記試験。誰でも受験可能。
一般社団法人 日本統計学会 による認定資格。
応用統計学会など、統計学の周辺団体が母体と見られる。




■統計検定 (公式ページ, Wikipedia)

筆記試験。誰でも受験可能。
一般社団法人 日本統計学会 による認定資格。
イギリスの王立統計学会が認定する RSS/JSS もある(JSSは日本語)。




■その他
技術士には、社会調査に関連するものが無い (公式ページ, Wikipedia)
 
posted by Takashi Inoue at 12:00| Comment(0) | 資格試験