2019年07月13日

G検定の受験レポート (2019年7月)

G検定: JDLA Deep Learning for GENERAL に合格しました (2019年7月)
公式ページ: https://www.jdla.org/business/certificate/
 
G検定は社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA)が主催する試験です。
G検定は現在のところ民間資格に近く、情報処理技術者試験のような経産省認定や、
統計検定のような学会認定は受けていないようです。
 
JDLAは人工知能業界の著名人である東京大学の松尾教授を理事長として、
研究機関(大学など)と企業(ABEJA社,Brainpad社など)が協力して運営している組織です。
 
 
■試験概要
 
・出題範囲
 機械学習の歴史、各種アルゴリズムとその特徴、時事問題などが問われます。
 G検定はジェネラリスト向けの試験のため、数学的な話は少なく、
 プログラミング方法などについてもほとんど出題されません。
 (エンジニア向けにはE検定という別試験があります)

・出題レベル 
 高校三年生程度の数学力があれば十分合格可能です。
 
・試験形式
 Web試験であり、試験中のノート参照や Google検索もOKです。
 後述する公式参考書にも「試験中にWeb検索しましょう」と書いてあります。
 (しかし1問30秒ペースで答えてゆく試験なので、ある程度は暗記しないと間に合いません)
 
 
■教材
・公式テキスト / 公式問題集 / 公式参考書 
 
 
・模擬テスト (運営会社とJDLAの関係性は不明)
 http://study-ai.com/generalist/
  
 
■勉強の仕方
・公式テキストを2週読み、公式問題集を2週解きました。
・AI白書も購入したものの、膨大な量で読む時間がありませんでした。
・模擬テストは受けませんでした。

※Kindle版の落とし穴
 試験中にノート参照・Web検索が可能なため、
 それを見越してテキスト等の書籍はKindle版を購入しました。
 しかしKindle内の検索速度が遅く、検索ヒット率も悪いため、
 結局テキストファイルでまとめノートを作成することにしました。
 
 
■試験当日

・受験環境
 PCを2台用意し、1台を回答用、もう1台を検索用としました。
 検索用PCには、自分でまとめたノートと Webブラウザ(検索用)を表示。
 
・出題内容
 公式テキストと公式問題集で、5割以上は得点できる内容でした。
 その他は時事問題や法律問題が多く、事前に学習しておくことが難しい内容でした。
 試験中に Web検索してページ内容を瞬時に把握して回答、という作業が多く発生し、
 時間との戦いになりました。
 
 
■所感
 
・おすすめです
 公式テキストが読み物として面白く、公式問題集も解きやすくて楽しい試験でした。
 試験当日は時間との戦いが大変なものの、試験中に検索して学んだことも多く、
 得るものの多い試験だったように感じています。
 
・合格者イベントも楽しみ
 G検定合格者が集まる会が定期的に開催されているようです。
 参加することで最新事例を知ることができそうです。

・統計検定との相性も良い
 統計検定の方が数学寄りなので、統計検定→G検定の流れなら
 スムーズに学習できると思います。
 
 
posted by Takashi Inoue at 23:13| Comment(0) | 資格試験
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: