2019年01月04日

書籍: 特許情報調査と検索テクニック入門


 
特許情報調査の基礎知識と検索テクニックを解説した一冊。
転職活動の中で興味を持ったため購入。
 
400ページという多めのボリュームだが、一貫して平易な文章、身近な例示、丁寧な解説が行われるため非常に読みやすい。専門外の人が特許調査業務の概要・実務の流れを把握するには非常に良い書籍と思われる。
 
---- 概要 ----
・特許の基礎知識 (基本・種類・特徴など)
・特許の制度概要 (日本の制度、海外出願ルート、広報発行のタイミングなど)
・特許調査の概要 (目的・フェーズ・種類など)
・特許情報調査の具体的な進め方 (DB種別、検索法、読み方、調査結果のまとめ方など)
・特許情報調査スキルを継続的に磨くための方法
 
---- 私の所感 ----
■特許調査業務の将来について
今後は検索技術の比重が下がり、ビジネス分析・提言の比重が高まってゆくのではないだろうか。
 
日本の公共特許DBには Google や Amazon ほどのあいまい検索力がなく、「バイク OR 自動二輪 OR オートバイ」といった形で明示的にあいまい語を指定する必要があるとのこと。公共機関にはそのような点を改善するインセンティブが小さいため、この状況はしばらく続いてゆくことが予想される。そしてそのために、検索能力は特許調査技術の重要な要素となり続けるだろうと感じた (民間の特許DBが改善されないのは、新規参入や競争が緩やかな業界であるためだろうか)
 
一方で、長期的な視点では検索精度の問題は解消するはずである。すると情報の抽出よりも加工、検索結果を元にした競合他社のビジネス戦略分析や自社の戦略提言などの比重が高まってくるものと思われる。検索技術は、比重が下がるものの、検索結果が十分に周辺ワードを拾えているのかを検証するという点で一定の価値が残りそうである。
 
■特許自体の将来について
特許によって技術者・企業が保護されるため発明が活性化するという論理は理解できる。一方で Open Source Software(OSS)など、開発した新技術は世界中で共有し、その先のビジネスで差をつけようという動きもある (例えば Amazon の顧客数は大きいため、そのデータを元にしたレコメンドに他社が対抗することは難しいなど)。個人の視点では前者が好ましいが、人類全体の発展という視点では後者の方が望ましいのではないか。その意味で、将来的には新しい特許の形が設計されるのではないかと感じた。
 
-- 著者の野崎篤志氏について ---
同氏は知財業界で著名な方の様で、Google検索すると数々のインタビュー記事、ブログ記事、公演、書籍、Youtube動画などがヒットする。私が特に共感を覚えた記事は以下。
 
『知財コンサルタント野崎篤志×IPFbiz 〜知的財産のコンサル・アナリストとは〜』
http://ipfbiz.com/archives/nozaki.html
 
Twitterでも積極的に情報発信をされているようなので、今後もキャッチアップしてゆきたい。
『Twitter - Atsushi Nozaki - IP information architect』
https://twitter.com/conductor_hvk
 
posted by Takashi Inoue at 16:55| Comment(0) | 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: