2018年09月28日

書籍: ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則


 
平凡な企業が、卓越した企業に変化したケースを分析した一冊。
原題は「Good to Great」
 
スタンフォード大学の研究チームが5年に渡る調査を経て発表した内容であり、
幅広いデータ郡から抽出した企業に対して、非常に丁寧な調査が行われている。
分析のフェーズでは、可能な限り先入観を排除し、定量的な判断となるよう配慮されている。
 
調査の要点は以下の通り。
 
・適切な人材が集まることが最重要
 経営者が適切な人材であり、また採用でも妥協していない。
 
・適切な人材とは、技能・年齢・学歴・職歴などではなく
 性格・人柄・価値観・基礎的能力で決まる。
 
・適切な人材には全体最適の価値観がある。
 個人の短期的な名声よりも、組織全体の永続的な発展を目指す。
 そのため、派手ではなく謙虚だが強い熱意を持つ人物である。
 
・適切な人材が集まった後で、進む方向を決める。
 価値観が揃っていれば、行き先変更は大した問題にはならない。
 
・適切な人材が集まれば、管理作業やモチベーション向上施策
 などは不要で、やるべきことにより専念できる。
 
・適切な人材を集まれば、建設的かつ徹底的に議論ができるため、
 組織・各人のやるべきことが明確になる。納得感があるため実行力が高く、
 状況が良くなってくるとモチベーションが高まって加速してゆく。

・報酬制度は、適切な人材にとどまり続けてもらうために存在する。
 
調査結果は日本文化的な美徳とも相性が良く、読んでいて非常に気持ち良い。
私自身が始めてこの本を読んだ時にはピンとこなかったが、
その後に異動や転職を経て様々な環境を経験した結果、
納得・共感できる部分が非常に多くなっていた。
 
もしかすると、起業することのメリットの一つは人なのかもしれない。
価値観の合う信頼できる人たちを自分で選び、
多くの時間を共に過ごしてゆくことは、やはり幸せなことではないだろうか。
タグ:書籍 MBA
posted by Takashi Inoue at 13:07| Comment(0) | 書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: