2016年02月15日

書籍: 図解クラウド 仕事で使える基本の知識



クラウドまわりの情報を、ザッと紹介している一冊

開発者視点の情報は控えめで、
経営者・管理者・使用者視点での情報が多い。
クラウドを使ったシステムの導入・構築を提案した際に、
顧客から質問を受けそうな内容がまとまっている。

クラウドが生まれた背景から始まり、
クラウドの仕組み、クラウドのメリット/デメリット
クラウド事業者各社サービスの紹介、
クラウド関連業界の今後の見通しと続く。


■サマリ

・クラウドは電話に例えられる
 通話、時報、天気予報、災害用伝言 etc
 
・クラウドのメリット
 - 新規事業を始めやすい
   従量課金制のため、小資本でスタートできる。
   まずは小さく作ってみて、市場の反応を確かめられる。
   1度しか使わないソフトのために大金を出さずに済む。

 - 新規事業を中断しやすい
   資産を抱えていないため。

 - 付帯業務を省略できる
   通信量を見積もって設備購入 → 自由にスケールアップできるので不要
   クライアントへのインストール作業 → クラウド側で処理するので不要
   ライセンス管理 → クラウド事業者が実施
   セキュリティ確保 → クラウド事業者が実施
   サーバー管理 → クラウド事業者が実施
   バックアップ → クラウド側で対応可能
 
・クラウドのデメリット
 - システムの規模や扱うデータ量が大きいと、割高になる場合もある。
 - データを預けることによる、セキュリティ上のリスク、法的リスク
 - クラウドのダウンによる業務停止のリスク
 - 従量課金制のため、最終的な利用料金の予測が難しい

・クラウドまわりの技術的トピック
 分散処理を行うためのライブラリ(MapReduce, Pipes etc)
 分散処理を言語そのものでサポート(Scala, F# etc)
 分散処理、スケールに合わせた最適化がしやすいDB (NoSQL)

・各社のクラウドサービス詳細
 Google, Amazon, SalesForce, Microsoft, IBM, Oracle, NTTdata etc 
 
・ビジネスで利用する際の留意点
 新しくクラウドを使った事業を始める場合
 既存システムをクラウドに乗せ換える場合
 新規システムを顧客に提案する場合
 
 
■目次

第1章 クラウドとは何か
1-1 クラウドとは
1-2 クラウドで何ができるのか
1-3 なぜクラウドが必要なのか
1-4 データをどこに持つのか
1-5 クラウドの利用に必要なソフトウェア
1-6 クラウドを形成するプラットフォーム
1-7 クラウドの導入で何が変わるか
1-8 クラウドの歴史
1-9 クラウドが生まれた理由
1-10 クラウドの形態
1-11 クラウドのサービスモデル
1-12 ソフトウェアによるクラウド活用
1-13 大企業とクラウド
1-14 中小企業とクラウド
1-15 個人ユーザとクラウド

第2章 クラウドのしくみ
2-1 クラウドを支える技術
2-2 仮想化とは
2-3 仮想化の種類
2-4 分散処理とは
2-5 Webアプリケーションとは
2-6 SaaSとは
2-7 PaaSとは
2-8 IaaSとは
2-9 DaaSとは
2-10 VPNとは
2-11 サーバとは
2-12 クラウドに接続するデバイス
2-13 クラウドを生かすプログラミング言語
2-14 MapReduceとは
2-15 クラウドに適したデータベースシステム
2-16 NoSQLの種類
2-17 クラウドとWeb2.0
2-18 クラスタリングとは

第3章 クラウドの導入と利用
3-1 どのようなシステムでクラウドを導入するべきか
3-2 クラウドの導入前に考えるべきこと
3-3 クラウドに合わせたシステムの再構築
3-4 クラウドサービスを見極める
3-5 クラウドを利用するリスク
3-6 どの部分をクラウド化するのか
3-7 既存システムをクラウドに移行する
3-8 小規模な現場でのクラウド利用
3-9 システムの規模を拡大/縮小する
3-10 クラウドを利用するうえでのセキュリティ対策
3-11 クラウドを利用したバックアップ

第4章 さまざまなクラウドサービス
4-1 Googleのクラウドサービス(SaaS編)
4-2 Googleのクラウドサービス(PaaS編)
4-3 Amazon.comのクラウドサービス(IaaS編)
4-4 Amazon.comのクラウドサービス(PaaS編)
4-5 Salesforce.comのクラウドサービス(SaaS編)
4-6 Salesforce.comのクラウドサービス(PaaS編)
4-7 Microsoftのクラウドサービス(SaaS編)
4-8 Microsoftのクラウドサービス(PaaS編)
4-9 IBMのクラウドサービス
4-10 Oracleのクラウドサービス
4-11 ニフティのクラウドサービス
4-12 Rackspaceのクラウドサービス
4-13 富士通のクラウドサービス
4-14 NECのクラウドサービス
4-15 NTTデータのクラウドサービス
4-16 日立のクラウドサービス
4-17 IIJのクラウドサービス

第5章 クラウドの課題と今後
5-1 クラウド環境におけるセキュリティの課題
5-2 クラウド上のシステムを保護するセキュリティ対策製品
5-3 クラウド利用時の情報セキュリティ管理ガイドライン
5-4 SLA(サービス品質保証契約)について考える
5-5 クラウドと企業コンプライアンス
5-6 データの所在にかかわる法的リスク
5-7 クラウドの利用と内部統制
5-8 クラウド事業者の内部統制評価
5-9 クラウド利用時に発生するトラブル
5-10 サーバやネットワーク障害への対策
5-11 コスト見積りの難しさ
5-12 アプリケーション開発者にとっての課題
5-13 他のクラウドサービスへの乗り換え
5-14 クラウドの標準化
5-15 クラウドとグリーンIT
5-16 霞ヶ関クラウドとは
5-17 自治体クラウドとは
5-18 農業クラウドとは
5-19 教育クラウドとは
5-20 医療クラウドとは
タグ:開発
posted by Takashi Inoue at 01:30| Comment(0) | メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: