2016年02月05日

SEの転職ノート (就職活動編)

7960.jpg

2015年10月に離職し、空白期間を経て、
2016年02月に新たな職が決まりました。

以下はその振り返りメモです。もしかしたら他の方の参考になるかも?
ということで公開することにしました。

前回の空白期間編に引き続き、今回は就職活動編です。


--- 就職活動編 ---

転職エージェント、転職サイト、企業公式サイトで求人を探し、
気になるものに応募してゆく流れで進めた。

■転職エージェント

・大きな会社
 提示してくれる企業(選択肢)は多いが、
 企業の内情までは知らないことが多かった。
 
・小さい会社
 提示してくれる企業(選択肢)は少ないが、
 企業の内情まで知っていることが多かった。
 
 ※ 会社によって「IT業のみで製造業は取り扱っていない」
   などがあるので、事前に調べたり、聞いてみた方が良い。

 ※ 全て無料
   転職が決まったら、採用企業が転職エージェントに
   お金を払うという仕組みなので、我々は無料で利用できる。


■転職サイト

転職サイトは気軽に色んな会社を見られるのが魅力。
しかし複数サイトに登録すると、メール地獄・電話地獄になるので
なんでもかんでも登録するのはおススメしない。


■企業公式サイト

大抵の企業公式サイトには「採用情報」「Recuruit」
といったページがあるので、そこで求人情報を確認する。

行動力のある人は、気になる企業を見つけると
いま求人していなくても問い合わせてみるんだそうだ。
(そしてそういう人は、好かれることが多いらしい)


■めぼしい求人が見つかったら

・その業界を調べる
 業界地図(東洋経済版)、業界地図(日経版)
 Kindle版が安くて場所も取らないのでオススメ(ちょっと検索しづらいけど)
 

・その会社を調べる
 - 会社の公式サイト
 - 有価証券報告書 ( http://disclosure.edinet-fsa.go.jp/ )
 - 会社四季報、会社四季報(未上場版)、就職四季報
  四季報もKindle版が安くて場所も取らなくておススメ(ちょっと検索しづらいけど)
 
 
・会社の内情を調べる
 - Vokers ( http://www.vorkers.com/ )
 - 転職会議 ( http://jobtalk.jp/ )
 基本的に退職者のクチコミなので、ネガティブ側に偏っていることに留意。
 総合評価が3.2を超えていれば良い企業と言う印象。


■求人が良さそうだったら

いきなり応募しても良いが、転職エージェントにお願いしてみたところ、
カジュアル面談(選考ではない面談)をセッティングしてもらえた。
500人くらいの企業でも、役員の方が会って下さったり。

カジュアル面談だと「まだあまり調べていないのですが」とか
「私こんな感じなのですが、御社にハマるポジションありますか?」
といった話がしやすく、その結果、会社の内情的な話や
未公開の求人情報が得られることもあった。


■面接

・どの企業でも話したこと
 - こんなビジネスをしている会社があれば参画したい
 - 御社はこういう企業に見えました (ビジネス全体像、競争優位性、文化)
 - 業界は今後こうなってゆきそうだと予想します (そして御社のビジネスとの関係性は)
 - 一連のストーリー (綺麗につながらない場合は、選考に進まない方が良い)
     前職での業務経験
   → 退職理由
   → その後の生活
   → 御社の良いと思うところ
   → 御社に貢献できそうなところ
   → 自分のキャリアプラン

・どの企業でも質問したこと
 - 売上の大きい事業・部門は?(どれが主力・注力業務?)
 - 今後この業界はどうなってゆくと予想されますか?
  その中で御社はどう進んでゆくイメージでしょうか?
 - 現在感じている課題などがあれば教えてください。
 - 募集していたポジションも含め、自分のハマるポジションはありますか?
 - 御社の業界を知るための書籍、御社の業務を知るための書籍を紹介して下さい。

・資料作成
 話したいことや、前回の面接で上手く答えられなかったことは、
 資料にまとめて持って行く。場合によってはそれを先方に渡す。
 (伝え漏れがあるともったいないし、資料を見てはいけないというルールは無い)
 
・気付いたこと
 職人魂と商人魂のバランス。自分はどの程度を望むか、考えた方が良い。
 職人魂に偏っている会社は、技術の話を好む。社内が穏やかな雰囲気になるが、変化に弱い。
 商人魂に偏るている会社は、商売の話を好む。社内が攻撃的な雰囲気になるが、変化に強い。


■希望年収について

比較対象が前職の年収だけだと、
自分と企業のどちらかが不満を持ってしまうかも。

給与は以下の2要素で決まるはず。
- その企業がどのくらい稼いでいるか
- その企業の中で、どのくらい重要な働きをしているか

なので、お互い正直に情報開示すれば、
自分にとってはアップでも、企業にとっては予定より安い、
そんな幸せなラインが見つけられる可能性が上がる。
(給料低いけど、残業少なめ、なんてトレードも出来るかも)


■結果

異業種・異分野も含めて 4社ほど応募し、選考が進む中で
特に魅力的な 1社から内定をもらったので活動終了としました。

結果としては、同じIT業界で異分野への転職です。
年収はほぼ現状維持で、良い雰囲気の会社に、
興味深いポジションで内定がもらえたので、
とても満足しています。むしろちょっとプレッシャーかな。
早く価値を出せるよう努力します。

-----

以上が、私の転職活動メモとなります。
これから転職を考えている方の参考になりましたら幸いです。

もっと詳細を知りたい方がいらしたら、ご連絡下さい。
可能な限り対応します。
 
posted by Takashi Inoue at 00:00| Comment(0) | メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: