2016年07月18日

Salesforce 認定Platformアプリケーションビルダー 受験レポート

salesforce.jpg
CRM(Customer Relationship Management)システムの最大手SalesForce
その認定試験を受けて来ました。

■試験概要
・Salessforceには豊富なカスタマイズ機能が用意されているので、
 プログラミング系の知識 (Apex, Visualforce, SOQLなど) が無くても、
 マウス操作と設定値入力(Point & Click)で、かなりのものが作れてしまいます。

・Salesforce認定Platformアプリケーションビルダー試験は、
 上記のようなプログラミングを用いないレベルでの開発知識を認定するものです。

■試験詳細
・以下に試験詳細が記載されています
 http://www.salesforce.com/jp/services-training/education-services/cert/dev/

■試験対策
・Salesforce社が開催している学習講座に参加するのが正攻法です
 http://www.salesforce.com/jp/services-training/education-services/cert/dev/
 ※上記ページの「推奨コース」部分を参照してください

・TrailHead と 試験対策サイトによる自習も可能です
 https://developer.salesforce.com/trailhead/ja
 http://focusonforce.com/courses/salesforce-certified-app-builder-exams/

・より詳しく学習したい場合は、開発者ワークブックが有効です
 https://developer.salesforce.com/page/JP:Forcedotcomworkbook

■試験について
・試験センターのPCで受験します。
・試験時間は90分間、複数選択式のマークシートで60問です。
・2回受験しましたが、同じ問題は10%程度でした。(全500問程度から60問が抽出されている?)
・試験終了時に合格/不合格のみが表示される形式のため、どの問題が間違っているかは分かりません

(2016年7月 合格)
 
posted by Takashi Inoue at 23:39| Comment(0) | 資格試験